工事現場

処分でなく改良

残土処理システムは土式改良機とやっている事は変わりはありません。しかしシステム化されていて規模が大きいため土式改良機では改良できない土も全て改良することが出来ます。時間辺り200トンもの量を改良できるモデルもあります。

詳細を確認する...

レンタルする

残土処理システムをレンタルすることで高価なシステムを持っていなくても不要な土を処理し、再度使用できる土へ改良することが出来ます。トン単位での処理が可能なため多くの量であっても問題ありません。

詳細を確認する...

可能な処理

残土処理プラントは残土処理専門の大型施設で、年中常に稼働しています。様々な種類の地質の土を分解し処理することができ、残土処理に関する心配をする必要がありません。利用には企業間での契約が必要になってきます。

詳細を確認する...

所有する

残土処理を頻繁に行なう必要があるという仕事の場合は、残土処理システムを購入するか、プラントと契約をするか決める必要があるでしょう。残土処理は簡単に行うことが出来るものではありません。様々な工程をへて処理が出来るため機器の規模も大きくなり、また保守管理費用なども発生します。毎日数十トンを超える残土処理が必要であるという場合は、自社で残土処理機を所有するというのは非効率的で、残土処理プラントと契約をした方がいいでしょう。数十トンともなればそう簡単に処理できるものではないため、プラントのような専用工場が必要になってきます。工場まで所有するとなると大変なため、契約をしてアウトソーシングすると良いでしょう。毎日の残土が数百キロから数トンという場合は購入できる残土処理システムを構えるのも良いでしょう。残土処理システムにも幾つか種類があり、自動車タイプで現場で処理を行なう事ができるタイプと、設置場所が定まっていて、残土を運び込むことで処理できる方法などがあります。設置場所が決まっているタイプは比較的大きな量を一度に処理することが出来るため、非常に魅力的でしょう。設置する時は大きさなども確認しながら購入するといいでしょう。残土処理システムでは処理できる残土の質がある程度決まっています。そのためどんな土壌を扱うのかもある程度知っておく必要があるでしょう。例えば粘り気が強い土質は多くの残土処理システムが苦手としますが、中には粘り気に特化したタイプもあり、価格なども大きく異なります。操作の仕方なども異なってくるため、予め選んでおくといいでしょう。ただし残土処理プラントを使用すると基本土質を考慮せずに処理依頼が可能です。どちらがいいのかしっかり比較することが大事になってきます。